旬の食材で健康になろう

メリットだらけ!旬の食材で病気知らずに

健康に生きるために活用したいのが、季節ごとに出回る「旬の食材」です。

 

最近はハウス栽培などが増えて、同じ野菜が市場に1年中出回っているため、旬の野菜の区別がしにくくなっています。

 

ですが、その季節ならではの旬のものには、私たちの健康を支えてくれるパワーがつまっているんです。

 

たとえば、春の山菜の苦みには、冬の間に溜まった毒素を排出する力があります。

 

夏が旬のトマトやきゅうり、スイカにはからだの熱をとる作用があります。
夏場にこれらの旬野菜やフルーツが食べたくなるのも、すべては火照ったからだが求めているからなのです。

 

秋に旬を迎えるごぼうやれんこんなどの根菜類、きのこ類には、夏に疲弊した胃腸の調子を整えながら、やさしく労ってくれる働きがあります。

 

白菜やネギ、大根といった冬の食材は、加熱調理することで体を温めてくれる効果が期待できます。

 

野菜の料理

 

旬の食材はメリットだらけ

 

旬の食材の特性を利用すれば、体温の調節が自然とできるようになることはもちろん、体調を維持して病気を遠ざけることもできます。

 

また旬のものとそうでないものでは、同じ野菜一つとっても含有される栄養価はまったく違います。
味や香りなど、おいしさも別物です。

 

さらに旬の時期の方が値段も安く、手軽に使いやすいですよね。

 

旬だけでなく、「地産地消」も大切に

 

地産地消とは、その土地で生産されたものを地元で消費するということです。
その地域で栽培されたものが、同じくその地域でくらす人間の体に馴染みやすいのです。

 

たとえばバナナやマンゴーなどには体の熱をとる作用があり、暑い地域でくらす人々の体温調節をするためにあります。

 

東京などの都会暮らしでは難しいかもしれませんが、
自分のくらす地域や隣県など、なるべく近くでとれたものを利用するといったことを意識するだけでも違ってきます。

 

また、ミネラルウォーターも同様です。

 

ミネラルウォーターには海外からの輸入品が多く出回っていますが、私たち日本人の体にはやはり日本のミネラルウォーターがおすすめです。

 

海外の水はカルシウムとマグネシウムが多い硬水ですが、硬水は体に吸収されにくく、胃腸や腎臓に負担をかける恐れもあります。
お腹を壊すこともあるので様子を見ながら取り入れるようにしましょう。

 

冷たいお水ではなく、温めて飲むことも忘れずに。
「常温の水はNG!免疫力UPでアンチエイジング」記事参照)

 

まとめ

 

「旬の食材」と自分が暮らす地域の近くでとれた食材をできるだけ利用することで、体に必要な栄養が効率的に摂れます。