幸せに生きるために今すぐ簡単に実践できる健康法

今すぐ簡単に実践できる健康法

幸せの基盤は「健康」

 

健康でなくては、
美味しい食べ物をたべたり、
笑いあったり、
楽しく過ごすことは難しいですよね。

 

ばんざいする女性

 

誰もが体に不調を感じることなく、健康に生きたいと願っていると思います。

 

しかし実際には、アレルギーや冷え性、便秘、不眠、ひどい肩こり、頭痛など様々な不調を抱えている人がほとんどなのではないでしょうか?

 

実は、日頃感じているそれらの不調に、普段何気なく選んで食べていたものや、選んでいる行動から引き起こされていることをご存知でしょうか?

 

「緑茶は体にいい」けれども「冷え」につながることをご存じでしょうか?
温かい緑茶でもだめなんです。
「冷えて太りやすくなる意外な原因!」を参照してください。

 

 

世の中には「健康」をうたった商品がたくさんあります。
でも実際は、本当に体にいいのかわからないものも多く、どれを選べばいいのか判断に悩んだり、うたい文句を鵜呑みにして勘違いしているものも少なくないでしょう。

 

大切なのは、自分で正しいものを選ぶ知識や認識を広げていくことです。

 

このサイトでは、不調なく生きるためにはどのような選択をすれば良いのか、といったことをまとめました。

図書館の本

 

たとえば、あなたは「カロリーオフ」とかいてあるジュースと、そうではない普通のジュースがあったらどちらを選びますか?

 

実はカロリーオフをうたう商品にはカロリーこそないものの、砂糖よりも体に悪い人工甘味料が使われている可能性がたかいのです。
その結果、普通のジュースよりも体にわるいこともあります。

 

「化学調味料無添加」との表記のある商品が健康にいいかと思えば、化学的な調味料は入っていなくても、着色料や保存料などはつかわれていたりといったこともあります。

 

今まで何気なく食べていたり、体によいと思って選んでいたものが、実は体にわるいものであったり、廊下や病気を招いてしまうことが少なからずあります。
日々のことなので、それを知っているのと知らないのとでは、将来の健康が大きく違ってきてしまいます。

 

また、体に悪いものを選択しないだけでなく、体に必要な栄養素たっぷりな旬の食材を選択することもおすすめです。
(詳細はこちら

 

体にいれるものはコントロールできます。

 

体内に鉛が溜まっていたり、腎臓に石があったとしても、それを選んで排出することは不可能です。
でも体に入れるものを選ぶことで、鉛を溜めない、腎臓に石をつくらないよう心がけることはできます。

 

選択次第で自分の体は守れます。

 

これは食べ物に限った話ではありません。
日常的に使用するシャンプーやボディソープ、歯磨き粉などのパーソナルケア商品から、洗剤や柔軟剤、除菌スプレーに至るまで、選択するときに注意できることがあります。

 

また、お風呂の入り方や睡眠のとり方など日常の行動や、心の持ちよう、発する言葉まで、健康に関わってきます。

 

日頃から心がけることで、自分の好きなことが思う存分できるような健康な体と心が得られるなら、試してみる価値があるのではないでしょうか?

 

できることから一つづつ、試していってみてください。

 

白湯を飲むだけでも、免疫力UPでアンチエイジングになりますよ!
こちらに詳しく書いてありますので参考にしてみてください。